スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山里のお蔵展

今日からゴールデンウィークという方もいると思いますが、
いよいよ大型連休到来、観光名所などでは、一番の稼ぎ時です。

主人も1件、出店している場所があります。

『第2回 山里のお蔵展』
2011年 5月1~5日(日~木) 10時~17時

鴨日記:山里のお蔵展

チラシをアップしているブログを見つけました

今年は、道案内の為に手作りの旗が置いてあるそうです。
山の中なので、初めて行かれる方は迷わないように…
足を運んで頂きたいと思いますw
スポンサーサイト

振り返ると…

またも、トリエンナーレのお話。

台風が通過し、午前中までは曇り空だったけれど、
夜にかけてお天気は下り坂。

トリエンナーレの会場は、何箇所かに分かれていて、
駅から遠い所から見ていこうということで、
納屋橋会場の方から覗いてみました。

納屋橋

栄の駅から、納屋橋まで歩いてい歩いて…納屋橋に到着。
『大阪で言う、道頓堀みたいなものかなぁ~』
なんて言いながら。
(道頓堀ほどの賑やかさは、無いかなぁ)

納屋橋会場を観終わって、お昼過ぎ。
この時には、まだ雨は降っていなかったけれど、
雲ってきたかな…といった具合でした。

名古屋市美術館、長者町繊維街を先に見て、
閉館時間の早い所を優先に、
愛知県美術館へと向かいました。

思っていたほど時間が無くなってしまい、
気が付けば、雨も本降りになっていました。

夜のテレビ塔  夜の栄

最後は、先に見れなかった長者町繊維街の展示を観に戻り、
タイムアウトとなりました。

昼から、ティータイムをする余裕もなく、
さて夕食に…と会場を背にして歩きだしました。

少し歩いて、ふと振り返ると、
夜だから見れる最後の作品に出会いました。

愛

あっ!だ!
雨だけど、クレーンで吊ってある~!
と感動のあまり、立ち止ってしまいました。

愛

確かに愛は、愛知県の愛。
なんていいフレーズなんだろ~なんて思いながら、
雨の降る道を歩き出しました。

一日中 歩き回ったので、二人ともクタクタでした。
けれど、3年に1度のアートイベントに参加出来た事は、
とても有意義なものだったと思います。

3年後、またこの感動に出会える事を楽しみにしましょう

草間彌生さんの作品

愛知トリエンナーレのポスターにも起用されていた、
草間彌生さんの「真夜中に咲く花」という作品。

草間彌生さんの作品「真夜中に咲く花」

屋内展示だけは、しっかりと観てくる事が出来ました。

草間彌生さんの作品

どのぐらいの大きさなのか…

人と並んで見てみると…

私が思っていたほど、大きくはなかったのですが、
それでも存在感は抜群で、私と同じように、
写真を撮る人も沢山いました。

そして、一度はお目にかかっておきたかったコレ
水玉プリウス

水玉プリウスです

水玉プリウス

雨の為、走行はしていませんでしたが、
実物を観る事ができました
いくつかカラーバリエーションがあったはずですが、
今回見たのは、白に黒の水玉。
まるで乳牛の模様みたい

一見、奇抜な作品なんだけれど…
作品の持つ、力を感じる作品だと思います。
やっぱり、実物に出会うって感動ですね

これな~んだ?

これな~んだ?  ブツブツ?

これは、一体なんでしょうか?
アートって、面白いですね




続きを読む

閉幕

目ぢからアリ!

雨の天候の中、愛知トリエンナーレは幕を閉じました。
最後まで、粘って並んで見た作品もあったし、
とても刺激になる ひとときでした。

駆け足だったので、とてもまとめきれず…
続きをお楽しみにw
日めくりカレンダー
プロフィール

天然 よっちゃん

Author:天然 よっちゃん
岐阜県で唯一
風力発電施設の
ある町で
暮らしています  

最新コメント
ブログ内検索
最新記事
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。