スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族団欒

昨日はMIHOMUSEUMへ行ってきました。
行きの道中、車の部品が破損したりして、
楽しい?ハプニングもありましたが、
応急処置でなんとか行ってくることができました

展覧会期が始まったとはいえ、
美術館敷地内にある枝垂れ桜の蕾はまだ固く、
展示されている美術品も一部展示されていないものもあって、
入館者もまばらでした。

やっと本館の入り口までやってきて、みんなで記念撮影。
家族で記念写真
主人が撮影しました。上手く撮れています

日差しは暖かいはずなのに、風は少し冷たかったですが、
半貸切状態で、落ち着いて鑑賞する事が出来ました。

半分をゆっくりみて、再入場のて手続きをとって昼食。
一番昼食を待ち望んでいたは、甥っ子ちゃんだったようです。
甥っ子ちゃん
料理は、まだか、まだかと、そわそわしていました

姪っ子ちゃんと、甥っ子ちゃん。
ほんの半年、1年会っていなかっただけなのに、
大人びていたり、背が伸びていたり。
子供の成長ぶりには、驚きました。

私が小学生だった頃、毎年挨拶に伺っていた親戚の家で、
「大きくなったね~」と言われて、
たった1年会ってないだけなのに、そこまで驚かなくても…
と思った事がありましたが、こういう事だったんですね。

離れて住んでいても家族。
なかなか全員は揃わないし、短い時間だったけれど、
嬉しいひと時を過ごす事ができました。
また、元気に会える事を楽しみにしたいと思います。
スポンサーサイト

春のおでかけ

4月1日の次の職場の勤務が始まるまで、
平日の昼間は休日です

今日は主人と一緒におでかけです。
おでかけ先は、春季展覧会が始まったMIHOMUSEUM。

私たち夫婦と、実家の両親、春休み中の妹の姪っ子ちゃん、
お義姉さんと甥っ子ちゃんのメンバーの予定で

どんな1日になるでしょうか
楽しんで来たいと思います

温泉でプチ湯治

3連休最終日の昨日、思いついて温泉湯治に行って来ました

今回、ラジウム鉱泉温泉に入るべく、
中津川市蛭川へ行ってみました。
向かってみたものの、漠然と行ったので悩み悩んで、
蛭川に住む知人に急遽電話をしてみると、
とても親切に、温泉施設まで車で先導して頂きました。

今回行った温泉は、東山温泉です。
お風呂の湯船は狭いけれど、泉質の評判は良いとの事で、
しっかり温まってきました。
昔、ラジウム鉱泉温泉に入って、湯あたりしたので、
私はサッサと出てきてしまいましたが、
主人は待てど出てこずで、よくも入れたものだなぁと
関心してしまいました。
サッサと出てきたにもかかわらず、
主人を待つ間、さほど冷めず、
また来たいねw、と言って帰ってきました。

お客様は、地元の人が多かったようで、
家の近くにこんな温泉があったらいいのにね~
とあこがれつつ、またの機会を楽しみにしたいと思います。

小國神社

1月も中旬に入りましたが、初詣の話に戻りまして…
大洞院を出て、次に向かったのが小國神社

石松の墓と同じ森町にある神社で、
新聞広告に初詣の記事が載るほど有名な神社です。
有名なだけあって、駐車場に並ぶ車の渋滞が半端ない状態なので、
今まで行った事はありませんでした。

今回は時間に余裕があったので、
渋滞の列に並んでみることにしました。
駐車場に停めるまでの渋滞時間、1時間程。
2日目の参賀日だったので、大勢の人で賑わっていました。

小國神社 鳥居 小國神社 拝殿

にぎわう新神札授与所 

境内には、いろんな伝承の史跡があったりして、
歴史のある神社なんだなぁと思いました。

大宝槌(おおたからつち)  家康公の立ちあがり石

御神木

参道の途中には、沢山の出店が出ていて、
新年らしい賑わいでした。
鳥居から外に、常設のお土産屋さんがあり、立ち寄ってみると、
ことまち横丁なるものがあり
菓子の試食コーナーが充実しており、
職場や、近所へのお土産はここで買いました。

もうお正月には行きたくないなぁと、思いますが、
立派な神社だと思います。
お願い事が叶うといいな

森と言えば…?

お正月、初詣に出かけたついでに
(ついでというのも、申し訳ないですが。)
春野町の隣町の『森町』へ行ってきました。

通過するぐらいにしか通った事がなかったのですが、
主人の両親も行った事ないからと、
立ち寄った場所がありました。

森の石松の墓 

かの有名な、『森の石松』の墓があることで有名な大洞院。
車を停めた駐車場のすぐ横にお墓がありました。

『え~~「森の石松」知らないのか~?』
と、主人。
『じゃぁ、清水次郎長は分かるよな?』
とか言われても…聞いた事ぐらいしかないよぉ…
と、半ば興味もないので、主人の説明も半分聞いて半分聞き流し、
説明看板をちょこっとだけ読んでみました。

石松の墓の説明 石松の墓の歴史

『石松の墓石の欠片を持っていると、勝負強くなる』
という言われから墓石を削る人が続出した為に再建を繰り返し、
今の墓が3代目になるのだそうです。
削り採られにくくするために、現在の墓石は、
アフリカ産の硬い黒御影石を採用したのだそうです。
人の墓石を削っていくなんて…人間の欲は、深いものなんですね。

お墓を通りすぎて、大洞院の方に行ってみました。
大洞院の山門跡
昔は立派なお寺であったろうに…と思われる山門跡やお庭。

階段を上がりきると…
大洞院 本堂 大洞院 僧堂

境内の随所には、説明の看板が立てられていて分かりやすく、
立派な寺であることがわかりました。
子持箸と世継ぎの木 説明看板

鐘突き放題?の鐘楼。
鐘樓堂(しょうろうどう)

『紅葉の季節に来たら、綺麗な場所なんだろうね~』
と言いながら大洞院を後にして、次の場所に移動しました。

初詣のハシゴ…というのか、
行く場所がないので、次もまた参詣になってしまいました。
続きを、お楽しみにw
日めくりカレンダー
プロフィール

天然 よっちゃん

Author:天然 よっちゃん
岐阜県で唯一
風力発電施設の
ある町で
暮らしています  

最新コメント
ブログ内検索
最新記事
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。